なんかHAPPYなこと 

絵本で子育て♪おすすめ絵本を紹介!大好きなハワイや、音楽や育児のことも。

『スラムダンク』は単にバスケットボールのマンガではない!【スラムダンク勝利学】が人生の役に立つ

 

 今回は私が愛読している本『スラムダンク勝利学』についてです。

この本は一言でいうと、「人生の哲学書」です。

スラムダンクというと、主人公の桜木花道が、同級生のかわいい女子・赤木晴子の目に止まりバスケットボールを始め、桜木の根性・負けん気・バスケへの熱意と努力でチームを勝利へ導いていくというストーリー。コミカルなバスケ漫画だと思っていました。(スラダン素人ですみません。)

このスラムダンク勝利学という本は、そんな親しみのあるスラムダンクをかなりわかりやすく且つ、重要な勝利への考え方を心理学を交えて解説してあります。

 『スラムダンク勝利学』を読んで、まさかスラムダンクにこんなメッセージがたくさん込められていたとは本当に衝撃的でした!!

 

 心に残った部分をいくつか紹介していきます。

 

スラムダンク勝利学を読むきっかけ

きっかけは、低学年からミニバスを始めた息子の存在です。私はバスケの経験はありません。バスケについて何も知らなく、ルールすらわからない状態でした。

バスケって本当に奥が深くて、ルールも横文字が多いし複雑で難しいのですね!今更気づいたことに恥ずかしい限りな母です。

そんな中、息子は息子なりに小さい手でバスケの大きいボールをしっかりつかんで、なんとか練習についていこうと必死なのです。気が折れそうになることも多々ありました。励ましあえる仲間の存在が大きく、今も楽しく続けている状態です。

しかしこの先挫折を味わうことが必ずあると思います。これはスポーツに限らず、生きて行く上で誰しもがぶつかる道だと思います。我が長男はおっとりの負けん気なし!おまけにボーっとしていることも多く、これは大丈夫かと心配になってしまいました・・・

そんな時、キャプテンの親御さんから勧められた一冊の本が読むきっかけとなりました。

 

正しい考え方が勝利を生む

長くスポーツを続けていくために親ができることは、「健康管理」「メンタルのケア」がスポーツで最も重要だと思います。

このメンタルケアを知っているのといないのとでは、親の声掛け、考え方次第で子供の成長や自分にとっても、ただ言われたことをこなし、流されて時が経ち卒業していた子と、目標を立てて一つ一つやっていることの意味を考えながらこなしていった子。過ぎていく時間の価値は100倍も違ってくると思います。

これはスポーツだけに限らず、社会人になってもずっと役に立つ考え方を子供のうちから学べることになるのでしょう。

 バスケットボールはハビット(習慣性)・スポーツと言われる代表的な競技です。習慣化するほど練習したことが、やっと試合で発揮できるのです。一本の三ポイントを成功させるために、年間何万本も打ち込むのです。

 とても納得のいく言葉です。仕事でも勉強でもそうですよね。習慣化するまでが最も苦しいです。そんな時にこれを知っていると、目標に向かって少しでも気が楽になります。目標を達成できる人は血がにじむような努力があってこそです!

 

するべき事を意識する大切さ

仕事やスポーツでも何となく、毎日のするべきことは誰だってわかっています。しかし、”するべき事”は正しいものなのか?と疑問に思ったことはありますか?

”するべき事”が正しいものでないと目標達成のために”変化”できずに、無駄な労力だけをかけることになります。

目標が高ければ高いほど当然”するべき事”は大変なことが多いはずです。しかし目標を決めたのは自分自身。仮にそうでないとしてもその船に乗ると決めたのは自分自身のはずなのですから。

 ”するべき事”を日々意識して、実行していかなければ、変化は伴わないということですね。”するべき事”って簡単なようで難しいですよね。継続と疑問を持って取り組むことが重要なのです。自分自身で決めたことに愚痴を言っていてはせっかくの目標が台無しです。

 

 鏡の法則 

 セルフイメージには鏡の法則が存在し、それが当てはまるということです。これは普段の生活でも当てはまります。人の悪口や、愚痴を言うことは知らずに自分のセルフイメージを縮小させます。

人の悪口を言ったことで逆に自分が苦しむことになってしまうこと、結構あると思います。悪口を言っても何も良いことはありません。自分自身には決して言わないことを他人にぶつけることは一流の勝利者はまったくしません。

自分にして欲しいことを周囲にすれば、それもまた自分に返ってきます。自分が頑張って辛い時に励ましてほしければ、まずは頑張っている人を褒めるのです。

 まさに子供にそのように教育したい!

仕事で人のミスを吊るし上げるように面白がって話したり、上司に告げ口したり、よくある話しだと思いますが、何も得なんてありっこないですよね。告げ口したことが本人の耳に入り結局自分が苦しくなるのなんて目に見えています。

そんなことにエネルギーを使わずに、素直に人を褒めることに意識してみましょう。

 

あきらめは最大の敵

あきらめの心はどこから来るのでしょう。きっと結果ばかり気にしてしまい、そのプロセスを重要視しないと、挫折する可能性は高くなると思います。これは一流の選手の思考の条件です。

変化を感じる能力、変化を意識する能力、変化から学べる能力、変化を楽しめる能力があってこそ、結果は後から付いてくるのです。

諦めることは最大に簡単であって、最大の敵ですね。変化を楽しむということは一番継続に、有効かと思います。

息子が短距離走で、去年は自分より遅かった子に抜かされてしまったということを、家で話しました。「でも○○(息子)のタイムは去年より早かったんだよね。練習頑張ったからだよ。すごいね!」と声がけすると、表情がパッと明るくなり、「そうだね、去年より早くなったぞー!次は負けないぞ!」とプラス思考へ方向転換しました。

子供同士を比べずに、子供自身の変化を見ることが重要だと思います。

 

 結果のとらえ方こそ勝負の分かれ目

勝負には必ず、結果が伴います。結果をマイナスにとらえてしまうと、その後の活動意欲が一気に減ります。勝負に勝ち、調子が良くなるのは誰でもそうだと思います。逆に精一杯努力した結果、負けた時はどうでしょう。がっかりして不満や、まだまだという感情が生じると思います。

満足できない結果にどう学び、発見し、情熱を落とすことなく次への変化のために充実した行動をとれるのかこそが大切でしょう。

  

スラムダンクの中で、山王工業のヘッドコーチが、敗れた試合後の選手たちにかけた言葉が素晴らしいのです!

はいあがろう。「負けたことがる」というのがいつか大きな財産となる。

コーチとして、最高の言葉を選手に投げかける。こんなチームは絶対に強くなって這い上がってくると確信できます。

 

最後に・・・「感謝」を忘れない

ミニバスから初めて10年以上バスケを続けていた友人が、「親のサポートがあってこそ、ここまで続けてこれた。」と話しをしてくれました。今になってもきちんと感謝しているということに、ジーンときました。親以外にも、仲間やコーチ、他の保護者のサポートなど、常日頃感謝が必要だと思います。

スポーツは一人では絶対にできません。活躍するならなおさら。個人競技だとしても、コーチや監督、大会準備やメンテナンスをしてくださる人々、選手のために色々な人たちが動いて協力してくれています。身近なチームメンバーやライバル、色々な力が作用して、今日の自分が思い切り力を発揮できる場ができているのです。

スポーツに限らず、普段の生活の中でも、感謝するが大きな力となって自分に返ってくるのだと思います。

素晴らしい本に出合えたことに感謝です。

 

 ◆スラムダンク勝利学 / 辻 秀一

 ★「スラムダンク」著者 井上 雄彦さん推薦本★

スラムダンク勝利学

スラムダンク勝利学

  • 作者:辻 秀一
  • 発売日: 2000/10/05
  • メディア: 単行本
 

 

 

 

 

 

www.pojisora.com

 

 

#blog-title { margin: 0 auto; padding: 0; }