なんかHAPPYなこと 

絵本で子育て♪おすすめ絵本を紹介!大好きなハワイや、音楽や育児のことも。

またハワイへ行ける日を夢見て ハワイ旅行の安い時期をチェックしておこう!

ハワイ旅行安い時期

ハワイ旅行の安い時期は?
世界はまだコロナで大変な時期ですが、どうか終息して、また自由に旅行に行ける日を夢見て。ハワイへ行ける時が来る事を祈って、ハワイ旅行についての記事を書かせていただきました。また安心して海外旅行に行けますように。
 
先日ハワイ州から嬉しい情報が入りました👇
 
ハワイ州では8月1日より事前検査でコロナの陰性証明書が提示できればハワイ州外からの旅行者を受け入れると見解を示しました。同時にハワイが最初に受け入れるべきは、日本、ニュージーランド、オーストラリアの旅行者だとも述べています。
 
 
ハワイ旅行へ行ける日が一歩近づいたかなと嬉しい日差しが見えてきましたね。 
今後のために参考になればと思います。
                                            
海外旅行で一度は訪れたい場所と言えばやはり憧れのリゾート、ホノルル・ハワイ!!
ハワイへ行く際事前に気になるのが、やはり安い時期!ハワイ旅行のパンフレットを見て料金にびっくりといった経験もあるのではないでしょうか。ハワイ旅行って意外と高いですよね。 
安い時期をしっかりチェックして浮いたお金でアクティビティを楽しんだり、お土産にあて、賢くハワイ旅行を楽しみましょう。
 

 ハワイへ旅行におすすめの時期っていつ?

ハワイ旅行のイメージは何かとお金がかかりそう・・・というイメージが定着していますが、時期により安く行けるタイミングがあります。おすすめの時期は旅費を抑えられる時期とハワイ季節もチェックが必要です。
 
日本の休暇時期には海外旅行客も増えますし、ハワイでは有名なイベントも多数開催されていますので、時期によっても旅費の変動は大きいです。
 
いつがベストシーズンなのか気になりますね!まずは高い時期からチェックしていきましょう。
 

ハワイ旅行で旅費が高い時期はいつ?

ハワイ旅行安い時期

ハワイ旅行
ハワイ旅行で年間を通して旅行代金が高くなる時期は、日本での大型連休前や出発する曜日によっても大きく変わってきます。
 
また、有名なハワイのイベント前には観光客が増え、旅行代金もアップしますので高くなるタイミングを避けて日程を立てるのがおすすめです。具体的にどのタイミングが高いのでしょうか。
 

1.ハワイのイベントと日本の休暇にあたる日程は旅行代金が高い!

ハワイの行事や、日本の休暇の時期が高くなることはもちろんですが、安い時期だけを狙うことの注意点もあります。

ハワイ旅行高い時期

4月下旬~5月上旬 GW
7月中旬~9月中旬 夏季休暇、9月の連休。ハワイのイベントが多数あり)
12月初旬~1月上旬 クリスマス、ホノルルマラソン、年末年始休暇、
2月~3月中  春休みやウクレレコンペティション入賞者の演奏/フラが楽しめるウクレレピクニック/ハワイで桜が楽しめるワイメア・チェリーブロッサム/ソニーオープンの時期は極力避けた方がベストです。

 このように年末年始の芸能人もこの時期に行くことがステータスですが、このようなタイミングは年間を通して最も価格が高騰する時期です。その他にも夏休みやGW、シルバーウィークはもちろん、3月の卒業シーズンの時期も少し高くなります。

しかし、安いだけで日程を決めてしまうのではなく、ハワイの気候など情報をチェックです。

注意点
  • ハワイの雨季 11月~4月 (スコールが多い)
  • 11月の『サンクスギビング』(アメリカの感謝祭で祝日)多くのお店が閉まるので、買い物目的で行く場合はその年の感謝祭に当たる日の確認が必要。
  • 安い時期はイベントが少ないので、ハワイアンショーや観光・ショッピングメインがおすすめ。

2.週末出発は旅費が高くなる

日本からのハワイ旅行は1週間滞在が多いですが、土日休みの企業が多い関係で金曜や土曜に出発して滞在を希望の方が多いと思います。しかし、金土曜日出発が一番曜日の中では高くなるのです。
 
逆に安い曜日はというと、月・火・水曜日が比較的ねらい目です。社会人にとっては休みが取りにくい日程ですが、この出発曜日によって約1~3万程旅費に差が出ます。
曜日のポイントを覚えておき旅行の計画を立てるのがベストです。

※注意点 ハワイ旅行は出発が夜⇒日付変更線を通って一日前に戻るので、出発日の朝に到着となります。3泊の場合は5日間、4泊の場合は6日間というようなスケジュールになります。 

ハワイ旅行が安いベストシーズンは?

ハワイ旅行安い時期

ハワイ旅行
ハワイ旅行の安い時期はズバリ!5月中旬~7月初旬、GW明けは一気に価格が落ちるので狙い目です。
 
その他にも9月~12月初旬、1月~3月初旬は比較的料金が抑えめなので、この時期もおすすめです。春休み、GW、夏休み、9月の連休シルバーウィーク、冬休みの長期休暇以外の日程で計画を立ててみましょう。
 
また、ビーチを思い切り楽しみたい!という方には旅行券の値段が大きく上がる前の7月も価格的にも気候的にもベストな時期でしょう。
 

かしこく旅費を抑えるには・・・?

旅行の時期や日程以外で旅費を抑えることはできないのでしょうか。旅行会社で予約する場合、パッケージツアーがメインになりますが、特典や申し込みの時期、パンフレットの種類や航空会社によっても金額に差が出ます。
 
次に海外旅行でとっても簡単に予約ができる旅行会社のパッケージでの節約方法をご紹介します。
 

1.早いがお得!ツアーの早割で予約

早割には旅行代金がお得になることに加え、様々な特典も利用可能な場合もあります。
 
例えば、120日前に申し込みでパッケージツアーの料金が5万円引きになるコースもあることや、(2人で10万円はかなり大きいですね。)ラウンジの利用やお部屋のグレードアップやスパが無料になるなど!お得にハワイ旅行へ行くなら早めの計画がおすすめです。
 
パンフレットを確認して早めの申し込みをしましょう。早めに計画を立てると旅行滞在時の計画も進むので余裕を持った旅行ができそうですね。早くから準備できることで、旅行の楽しみが倍増します!
 

2.出発直前のセールを狙う  

 

ハワイ旅行セール 狙う

ハワイ旅行を安く
旅行の申し込みを事前にしていた場合でも、ギリギリまで旅行代金のチェックをしてセールを狙うのもアリです!
 
キャンセルチャージがかからない日程であれば、パッケージの変更も可能なので、一度申し込みをしてもギリギリの日程までチェックをしてみてください。
 
直前出発で安い時期の5日間はなんと5万円代で行けるツアーもあり、人数分の割引を合わせるとかなりお得になります。早割の方が特典や宿泊ホテルが良い場合もあるので、何を重視するのか比較検討が必要です。
 

3.出発日数・宿泊ホテル&カテゴリーの見直し

ハワイ滞在中外出が多い場合、お部屋からの景色は意外とあまり気にすることはないのではないでしょうか。
昼間はショッピングやアクティビティで外出している場合、夕方~夜お部屋へ帰って来るので実は夜景が見えるシティービューもおすすめです。
 
カテゴリー変更POINT👆
  •  部屋カテゴリーの見直し デラックスオーシャンユーやオーシャンフロントは比較的お値段が高い⇒シティービューやパーシャルオーシャンビュー(部分的に海が見える)このカテゴリーは値段を抑えることができます。
  •  泊数を調整 1週間の滞在が多いと思いますが、短い滞在では3泊5日でも中二日は自由に行動できますし、かなりタイトですが、2泊4日も可能です。
申し込みの際にパンフレットのお部屋のカテゴリーの比較をしてみてください。1人につき数千円ほどお値段に差が出ます。こちらも人数分合計すると、浮いた分ディナーのグレードアップもできるくらいの値段がそうです!
 
出発日程は1週間の滞在の方が多いと思いますが、泊数を減らすだけでも1泊分のお値段が浮き、節約になります。2泊4日は中一日は丸々遊べますがなかなかの弾丸ツアーになりそうです。このように泊数の調整によっても料金は押さえることができるので予算オーバーしてしまうという場合には調整してみるのも良いでしょう。
 

4.LCCでとことん節約 関空経由でハワイに行こう

とにかく安くハワイへ行きたい!という人におすすめ
なのが、大阪・関西国際空港から発着するLCC。実は関東在住の方も関空を経由してLCCを使った方が成田・羽田の直行便よりも安く済む場合が多いのです。
 
例えば10月平日の旅行代金で比較すると、LCCの関空→ホノルル便の最安値は片道1万円代と、なんと驚きのお値段です。
 
また、成田→関空の移動にもLCCを使えばハワイまで往復約5万円前後で収まってしまうのです。注意することは本数が少ない中運航しているので、遅延が発生しやすいという点です。そのため乗り継ぎには十分な時間のゆとりを持ってスケジュールを立てるようにしましょう。
 
ハワイ行きの直行便は、便数も多く航空会社も多いのでよりどりみどり。予算やスケジュールに合わせて選びましょう。
 
お値段では圧倒的にLCCが安く行けますが、日本の航空会社がお好みであればJALやANAがおすすめです。
フルサービスの快適な旅には安心感がありますし、至れり尽くせりなプランの用意もあります。パンフレットを見るだけでも楽しくなりますね。
 
航空会社やプランをご希望に合わせて比較検討してみてください。
 

お得にハワイを楽しみつくそう!

 
ハワイ旅行に安く行ける時期や、節約術をご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。上記の紹介以外にも無料のオプショナルツアーやB級グルメ、ファミリーでコンドミニアムに宿泊し、ワイワイとハワイの食材で料理を作るのも節約術の一つではないでしょうか。また今後ご紹介していきます。
 
ツアーの日程が決まったら旅の計画が楽しみですね。
ハワイに安く行ける時期に、ショッピングや人気スポットで思う存分楽しんで良いハワイの旅に行ける日を待ち望んでいます。
#blog-title { margin: 0 auto; padding: 0; }