なんかHAPPYなこと 

絵本で子育て♪おすすめ絵本を紹介!大好きなハワイや、音楽や育児のことも。

人生を変えてくれた人との出会い。今まで人との出会いで人生を左右された経験はありますか?

 

f:id:pojisora:20200509004051p:plain



 

こんにちは。

皆さんは今までの人生の経験で、迷った時や悩んだ時に友人や先輩、家族など相談した経験はあると思います。

人生の分かれ道、最終的な判断は自分にありますが意外にも自分以外に冷静にアドバイスをもらう人からの言葉に左右され、人生を切り開いていった方も多いのではないでしょうか。

いや、中にはすべて自分を信じて、人に左右されずに生きてきた!というかっこいい方もいらっしゃると思いますが、私は真逆でして迷ったら相談してしまうことが多いです。

もう色々考えるとわからなくなっちゃう時があるんです!

今考えても人生あの人のお陰で貴重な体験ができた。とか考え方が変わっていったという経験があり、人とのつながりに感謝する時があります。

 

迷ったら相談ってやっぱり大事だ!と思った

f:id:pojisora:20200518150249p:plain

私が東京で転職する時の話しです・・・

元々某大手百貨店に就職しアパレルの仕事をしていたのですが、仕事をするうちにどうしても叶えたい仕事を見つけ、転職活動をしていました。希望の職種の求人に面接へ行き、採用の連絡が来たのですが、当初希望していた職種とは違う部署での採用連絡でした。

当時の職場からの帰り道、先輩と駅に向かっている途中での電話だったのです・・・

 

採用担当者

「先日は面接にお越しいただき、ありがとうございました。今回営業部での採用をさせていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。」

 

「・・・えっと、希望の部署とは違う部署ですか。」

 

採用担当者

「そうです、そちらに空きができたので。面接をさせていただいて、営業部も合いそうだと思ったのですが。」

 

「申し訳ありませんが、希望の部署でお仕事がしたいと思っていましたので、今回は辞退させていただきます。」

 

 

えー!営業!経験ないし、自信ないし!出来っこないし!

「どうしても希望部署に」と思って希望しイメージを膨らませていたところに経験したこともない、責任もプレッシャーもありそうな部署ではありませんか!

私に務まりっこない。うん。

と自分で自分の可能性を閉じ込めてしまったのでした。思い込みは怖いです。

 

先輩と一緒の帰り道だったので、そのことを話すと。

 

先輩

「何言ってるの!どうして断っちゃうの?!

部署は違っても扱うものは同じ世界の仕事だよ?すべては経験のうち、

働いてみてやっぱり違ったなら部署移動を希望すればいいんだから。

もったいない!!あなたにとって、ありがたい話しなんだから早くもう一度連絡しなよ!一晩検討させてくださいでもいいから!」

 

「でも、希望の部署と全く違うし、自信ないです・・・うぅ~」

(もう、我ながらヘタレMax・・・)

 

先輩

「私が今まで教えたこと、一生懸命努力して目標を持ってやってきていたんだから、○○はどこへ行ったって大丈夫!今自信持たないでどこで持つの!」

 

せっ、先輩!? 

 

なんて力のある言葉なのでしょう。

 

普段はほんわかしていて優しい温厚な人で、こんな迫力のある事を言いそうな先輩ではなかったのですが、今回は違いました。

本気で私のことを考えて真剣に説得してくれたのです。

ガツンときましたね。

 

先輩が、神に見える・・・

 

その後すぐに、担当者へ連絡をし検討したい旨を伝え、一晩考えました。

 

確かに女性に人気の企業で、応募件数も多い中での採用だったようなので、

ありがたく受け入れるべきだったのです。私ごときのひよっこが断るなんて、不届き者でした。

先輩の後押しの言葉で、希望通りにならなくても何事も経験だと思えたのでした

 

翌日、応募した企業へ連絡し働かせて頂きたい旨を伝えました。

 

力強い言葉に動かされ、自分を変えることができた

 

f:id:pojisora:20200518150117p:plain

転職後は人間関係もとても良く、心配していた営業の仕事は最初から簡単には全く行きませんでしたが、諦めずに勉強しながら少しずつ数字を取っていく事ができました。

その頃から仕事が楽しくなり、目標を達成する喜びを知ることができた営業というやり甲斐のある仕事は結局自分には合っていたのだと思います。

ここで学んだ知識は現在の移住先の職場でも知識として役立っていますし、

目標を立てて達成するという喜びや、共に戦った同僚仲間もできました。

 

結果、あの時断わらなくて本当に良かった

先輩とは転職してから私が忙しくなってしまい、連絡も取らなくなってしまいましたが、あの時の感謝は一生忘れられません。先輩元気かな~。

 

特別親しかったわけでもない一後輩の一人の私にあそこまで本気になって、ここぞという時に本気のアドバイスをすることができる素敵な女性を私も目標にしています。

今でも心から思います。あの時断らなくて良かった。

先輩がいてくれて良かった。

 

f:id:pojisora:20200511234713p:plain

最後に・・・

人生の分かれ道って数えきれないほどあると思うのですが、私の人生の中でもナンバー1はこの出来事でした。

結局、何を伝えたいのかと言うと「私には無理だな。」と思っていることって、挑戦してみるまで全くわからないと思います。

私は元々ない勇気を振り絞って飛び込んだ世界で人生が変わりました。

お金では買えない価値なんて言葉を使うと、結局きれい事かよ。って感じになるかもしれませんが、人生で何回か自分を信じてあげる場面が必要な時があると思います。

考え方が変わる。というだけでもとても大きな価値だと思うのです。

 

失敗も経験、これからも諦めずにチャレンジして人生の肥やしを増やしていきたいな、と思います。

 

挑戦する人が人生幸せを掴めますように・・・

 

あの時ガツンとアドバイスをくれた先輩が、幸せでありますように・・・

 

 

www.pojisora.com

 

 

www.pojisora.com

 

 

#blog-title { margin: 0 auto; padding: 0; }